和訳 7 Years / Lukas Graham 人生とは何かを考えるきっかけに!

未分類
概要

この記事では,ルーカス・グラハム(Lukas Graham)の7 Yearsの歌詞の和訳,曲をもっと好きになる豆知識,おすすめの別バージョンを紹介します.

ルーカス・グラハムかっこいい!TERUです.

今回は,自分の人生について考えさせられる一曲を紹介します.

こんな方にぜひ聞いてほしい!

  • 自分の人生のままでいいのか...と悩んでいる
  • 人生に疲れてしまった
  • ルーカス・グラハム大好き

 

7 Years / Lukas Graham

Lukas Graham – 7 Years [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

音楽配信サービスで聞く方はこちら

 

歌詞和訳

Once I was seven years old
momma told me
7歳のとき,母さんが僕に言ってくれた
Go make yourself some friends
自分から友達を作りなさい
or you’ll be lonely
ひとりぼっちで生きていくことになるわよ
Once I was seven years old
7歳のときだった

It was a big big world,
but we thought we were bigger
世界はとっても広く感じたけど
僕らはそれに負けないくらい
Bigな存在だと思ってた
Pushing each other to the limits,
ぶつかり合いながら全力を尽くした結果
we were learning quicker
すこし早く大人の世界に足を踏み入れた
By eleven smoking herb
and drinking burning liquor
11歳のときにはハーブを吸って
喉が焼けるようなリキュールを飲んだ
Never rich so we were out to make
that steady figure
生活に困ってたから
その日生きるお金を稼ぎにでかけたんだ

Once I was eleven years old
my daddy told me
11歳のとき,父さんが僕に言ってくれた
Go get yourself a wife or you’ll be lonely
奥さんを見つけなさい
ひとりぼっちで生きていくことになるぞ
Once I was eleven years old
11歳のときだった

I always had that dream
like my daddy before me
父さんがそうだったように僕にも夢があった
So I started writing songs,
I started writing stories
曲や物語を書くことを始めたんだ
Something about
that glory just always seemed to bore me
ただ,評価され人気者になっても
いつも満たされないと感じてた
‘Cause only those
I really love will ever really know me
だって僕が思う大事な人は
僕のことを本当に知っている人だけだから

Once I was twenty years old,
my story got told
20歳のとき,僕の名前が世界に広まった
Before the morning sun,
日が登る前のような,
when life was lonely
孤独な人生を送っていた
Once I was twenty years old
20歳のときだった

スポンサーリンク

I only see my goals,
I don’t believe in failure
成功することしか考えなかった
‘Cause I know the smallest voices,
だってこの小さな声が,
they can make it major
大きく広がっていくことを知っていたから
I got my boys with me
at least those in favor
少なくとも僕には支えてくれる仲間がいた
And if we don’t meet before I leave,
I hope I’ll see you later
もし歌手をしている間に会えなくても
いつか会えることを願ってる
(ファンに向けての言葉だと解釈しました)

Once I was twenty years old,
my story got told
20歳のとき,僕の名前が広まった
I was writing about everything,
I saw before me
今まで僕が見てきた全てのことを
曲に書き起こした
Once I was twenty years old
20歳のときだった
Soon we’ll be thirty years old,
our songs have been sold
すぐ僕らは30歳になる
僕らの歌はいろんな人に
聞いてもらえるようになった
We’ve traveled around the world
and we’re still roaming
世界中を回ってきたけど,
まだぶらぶら旅するつもりだ
Soon we’ll be thirty years old
もうすぐ30歳になる

I’m still learning about life
人生まだまだ学ぶことがたくさんある
My woman brought children for me
愛する奥さんと,愛しい子供を授かったから
So I can sing them all my songs
今まで書いた全ての歌を二人のために歌うよ
And I can tell them stories
そして僕の人生という名の物語も伝えていく
Most of my boys are with me
一緒にやってきた仲間のほとんどと
今も一緒にいるけど
Some are still out seeking glory
まだ栄光を掴もうともがいてるやつもいる
And some I had to leave behind
一緒にいるべきでないと離れたやつもいる
My brother I’m still sorry
しょうがないことだったけど
今でもつらいよ

Soon I’ll be sixty years old,
僕もいつか60歳になる
my daddy got sixty-one
僕の父は61歳で人生を終えた
Remember life and then
生きているのは自分の人生だということを
心に留めておいてほしい
your life becomes a better one
そうすればちょっとずつでも
人生は良い方向に進んでいく
I made a man so happy when
I wrote a letter once
僕が手紙を書いたら
父さんはとても喜んでくれた
I hope my children come and visit,
once or twice a month
僕の子供も,一ヶ月に2回くらいは
顔を見せに来てくれたら嬉しいな

Soon I’ll be sixty years old,
あっという間に僕は60歳になる
will think the world is cold
Or will I have a lot of children
who can warm me
その時,ぼくにとって世界は
冷たいものに思えるのか
Soon I’ll be sixty years old
Soon I’ll be sixty years old,
will I think the world is cold
Or will I have a lot of children
who can warm me
Soon I’ll be sixty years old
それとも,子供たちに囲まれて
ぬくもりあふれるものに感じられるのか

Once I was seven years old,
momma told me
7歳のとき,母さんが僕に言ってくれた
Go make yourself some friends
自分から友達を作りなさい
or you’ll be lonely
そうしないと孤独になっちゃうよ
Once I was seven years old
7歳のときだった

Once I was seven years old
あの言葉を7歳のときに聞けてよかった

 

歌が表すもの

この歌は,ルーカス・グラハムが世にその名を知らしめた(ルーカス・グラハムはボーカルの名前かつアーティスト名)彼らの代表曲で,有名になる少し前の目線から,過去を振り返り,現在,そして未来に希望を抱く”人生”とテーマにした歌です.

TERU
TERU

彼らの人生観や思いが盛り込まれていて,とにかく聞く胸に響いてくるよ!

 

素敵な歌詞

It was a big big world,
世界はとっても広く感じたけど
but we thought we were bigger
僕らはそれに負けないくらい
Bigな存在だと思ってた
7歳くらいの頃は世界の広さを知らず,なんでも自分でできてしまうような感覚を誰しも抱いたことはあるのではないでしょうか?
でも成長して周りと比較するようになって,自分の小ささを感じて夢や希望を諦める人がほとんどです.そんな人にルーカスは,
Remember life and then
your life becomes a better one
生きているのは自分の人生だということを
心に留めておいてほしい
そうすればちょっとずつでも
人生は良い方向に進んでいく

こんなメッセージを歌に込めています.自分の人生なんだから全て自己責任です.

TERU
TERU

やるしかないんだ!という気持ちになるね!

 

”7 Years”をもっと好きになる豆知識

曲の背景

2012年にVocalのルーカスの父親が亡くなったことがきっかけで,彼自身がこの歌を作りました.

It’s a song about growing older.

この歌は年をとりながら成長する人間の人生をテーマにしているんだ.

I’m also coming to a realisation that being a father is the most important thing.

今一番大切で身近な目標の”お父さんになる”ということについても触れているよ.

My biggest dream is not to be some negative old dude, but to have my kids’ friends say, ‘You’re going to visit your dad? Say hi! He’s awesome.’ I had a perfect father.

僕の夢は年をとっても,気取ったり頭が固くならないこと.

そして僕の子供がその友達に,「お父さんに会いに行くの?君のお父さんはあのLukas Grahamだろ,羨ましいな!挨拶しておいてくれよ!」って言われることなんだ.だって僕も周りに自慢したい最高のお父さんに育てられたからさ.

Wikipediaから

父親の存在が彼の人生に大きな影響を与えていることがわかりますね.外国人が家族を何より大切に思うの文化は本当に素晴らしい思います.僕らが見習うべきところですね.

素敵なTweet

ルーカスのTwitterにこんなつぶやきがありました.

自分たちの今までの努力や思いが伝わったことを感じられた幸せいっぱいな気持ちが,”Career goals”,つまり,”歌手をやる上での目標が叶ったよ.”という言葉に込められているように思います.

TERU
TERU

自分が作ったものが世界中に認められて素晴らしいものだと評価されるなんて最高だよね!

 

おすすめ別Version

  • ルーカス・グラハム 『セブン・イヤーズ -僕はまだ7歳だった-』 / Lukas Graham – 7 Years

7 Yearsの背景を漫画で表していてとてもわかりやすいです.何度でも見て聞きたくなります.

ルーカス・グラハム 『セブン・イヤーズ -僕はまだ7歳だった-』 / Lukas Graham – 7 Years
  • Lukas Graham – 7 Years (Live From House of Blues Dallas)

冒頭,バンドメンバーが寄り添い,一緒に歌う姿に心打たれます.

Lukas Graham – 7 Years (Live From House of Blues Dallas)
  • 7 Years ~ Naruto [AMV]

みなさんご存知の漫画NARUTOに乗せて聞いてみてください.

7 Years ~ Naruto [AMV]

 

覚書き

  • roam

歩き回る,ぶらつく,放浪する

 

  • steady figure

安定した収入

コメント

運営している他のブログもチェック!

僕の好きなことに関する話題で記事を書いています.

学生生活の記録を残しています.

研究に関することを予習,復習をかねて記事にしています.